コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩屋艶二 しおや えんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩屋艶二 しおや-えんじ

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸の人。寛政12年(1800)遊里の噂(うわさ)話を題材にした洒落(しゃれ)本「南門鼠(みなとねずみ)」を発表するが,幕府より絶版処分をうけた。のち洒落本「匂ひ嚢(においぶくろ)」「鼠帰(ねずみがえし)」などをあらわす。別号塩屋主人,塩屋色主(いろぬし),紫(むらさきの)色主。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塩屋艶二の関連キーワード紫色主戯作

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android