塵の世(読み)チリノヨ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちり【塵】 の 世(よ)

けがれたこの世。俗世間。憂き世。ちりの境。
※能因本枕(10C終)二一九「わづかに墨のすられたる方ばかり黒うて、そのほかは瓦の目にしたがひて入り居たるちりのこの世には掃ひがたげなるに」
※浮世草子・好色五人女(1686)三「いやな夢覚て橋立の松の風ふけは塵(チリ)の世じゃ物となをなをやむ事のなかりし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる