濁世(読み)じょくせ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょく‐せ ヂョク‥【濁世】

〘名〙 (「じょく」は「濁」の呉音) 仏語。濁り汚れた人間の世。末世。五濁悪世(ごじょくあく)。だくせ。
※往生要集(984‐985)序「夫往生極楽之教行。濁世末代之目足也」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)仏五左衛門「いかなる仏の濁世塵土に示現して」 〔法華経‐勧持品〕

だく‐せい【濁世】

〘名〙
① にごった世の中。道徳や政治の乱れた世の中。汚れた世の中。だくせ。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)一二月九日「誠是希代之厳重、濁世之規模、何事如之」 〔史記‐孟子荀卿列伝〕

だく‐せ【濁世】

〘名〙 (「せ」は「世」の慣用音) =だくせい(濁世)
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五〇「人生れて濁世(ダクセ)の汚穢を被り、容易に之を蝉蛻すること能はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android