俗世間(読み)ゾクセケン

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐せけん【俗世間】

一般の人々が日常の暮らしをしているこの世。俗世。「俗世間のわずらわしいつきあい」
求道・修行に無関心な世俗の世界。出家しない者の世の中俗人の世の中。俗世

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくせけん【俗世間】

俗人の住むこの世。出家していない人の世界。また、一般の人が現実的・日常的な生活を送っているこの世の中。俗世。 「 -の些事」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞく‐せけん【俗世間】

〘名〙 出世間(しゅっせけん)に対して、出家しない者の世の中。凡俗の世間。一般の世の中。俗世。
※崑崙山の人々(1950)〈飯沢匡〉「下界の俗世間の人間の間ぢゃ何とかして生きることに苦心してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俗世間の関連情報