コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小塩 オシオ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小塩
おしお

能の曲目。四番目物。五流現行曲。金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。小塩山のある洛西(らくせい)の大原野(おおはらの)に桜狩にきた都人(ワキ)の前に、花を肩にした老人(前シテ)が現れ、二条の后(きさき)と在原業平(ありわらのなりひら)の故事を物語る。後段は業平の霊(後シテ)が在りし日の優姿で花見車に乗って登場し、月と花の美しさをたたえ、優雅な舞を舞う。『雲林院(うんりんいん)』と似た主題だが、花にあこがれるはなやかさがこの曲に濃い。女性をシテとする三番目物の幽玄能に準じて扱われる。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小塩の関連キーワードハウスマン(Manfred Hausmann)マン(Thomas Mann、小説家)ファウスト(ゲーテの悲劇)西山(京都盆地)磯部村清太夫高倉 徳太郎石原 和三郎能現行曲一覧須賀川(市)木々を渡る風木下長嘯子ボーデン湖鹿野小四郎大原野神社3月16日1月10日塩見 竜介ガイベルイェンス須賀川市

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小塩の関連情報