コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵取り/芥取り ゴミトリ

デジタル大辞泉の解説

ごみ‐とり【×塵取り/×芥取り】

掃き集めたごみを取る道具。ちりとり。
塵浚(ごみさら)い」に同じ。

ちり‐とり【×塵取り】

掃き集めたちりやごみをすくいとる道具。ごみとり。
塵取り輿(ごし)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちりとり【塵取り】

掃き集めた塵を受けて、捨てる所まで運ぶのに用いる道具。ごみ取り。
月代さかやきなどを剃るときに落ちた髪の毛を受ける道具。毛受け。
手輿たごしの一。高欄だけをめぐらした、屋形のない輿こし。ちりとりごし。
城の堀のごみを取るために、堀に設けた階段。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

塵取り/芥取りの関連キーワードちりとり塵取り輿和紙道具高欄屋形

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android