コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵塚誹諧集 ちりづかはいかいしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

ちりづかはいかいしゅう【塵塚誹諧集】

俳諧集。斎藤徳元(とくげん)著。1633年(寛永10)成立。上下2巻の写本。75歳の徳元が,ある貴人の所望に応じて,慶長末,若狭在住以来の自作の俳諧・狂歌をほぼ年代順に書き記した書。上巻に1612年(慶長17)以降の四季発句,源氏巻名発句,有馬在湯中の日発句,貞徳を訪れたおりの百句付等を収め,下巻には29年冬東下り紀行書留発句,〈熱海千句之抜書〉等を収録。本書は徳元伝記資料としても,江戸の前句付俳諧の資料としても貴重である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

塵塚誹諧集の関連キーワード斎藤徳元

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android