所望(読み)ショモウ

  • しょもう ‥マウ
  • しょもう〔マウ〕
  • そもう ‥マウ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)ある物がほしい、またこうしてほしいと、望むこと。「茶を一杯所望する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある物を手に入れたい、ある事をしてほしいなどとのぞむこと。のぞみ。ねがい。注文。
※明衡往来(11C中か)上本「所望之事成敗難計」
※虚子俳句集(1935)〈高浜虚子〉昭和六年四月「花冷の汁のあつきを所望かな」 〔資治通鑑‐巻六五〕
〘名〙 (「そ」は「所」の漢音) 望み願うこと。希望すること。しょもう。
※愚管抄(1220)七「法性寺殿はわが親なれば、流刑のなきこそそまうの事とをもはれたりけるにや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android