コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上巻 うわまき

世界大百科事典内の上巻の言及

【懸紙】より

…その上をさらに別の友紙で包み,うわ書きを加え必要に応じて封をして相手方に届ける。これを封紙というが,中世の書札礼では上巻(表巻)(うわまき)といい立紙(たてがみ)とも称している。本紙,礼紙は料紙を横に使うが,封紙は縦に使うから立紙という。…

※「上巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上巻の関連キーワード讃岐典侍日記・讚岐典侍日記三重県伊勢市神田久志本町吉備大臣入唐絵詞成尋阿闍梨母集日本童話宝玉集赤蝦夷風説考長谷寺霊験記公事方御定書新増犬筑波集近代文学論争新撰朗詠集異称日本伝太和正音譜枕草子評釈国語のため梁塵愚案抄我が闘争異素六帖田氏家集西洋紀聞

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上巻の関連情報