コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳元 とくげん

世界大百科事典 第2版の解説

とくげん【徳元】

1559‐1647(永禄2‐正保4)
江戸前期の俳人。姓は斎藤,名は元信,通称は斎宮頭,入道して徳元。別号は帆亭。織田秀信の代官正印軒元忠の子。岐阜の人。里村昌琢門。文禄年間(1592‐96)豊臣秀次仕官,このころに《近衛三藐院(さんみやくいん)点独吟魚鳥俳諧》が成る。のち秀信に仕え,1600年(慶長5)42歳の秋,関ヶ原敗戦によって美濃加治田村へ退き,若狭に亡命,京極忠高に小姓衆として仕官する。《塵塚誹諧集》冒頭には,〈雪や先とけてみづのえねの今年〉(1612)の歳旦句が見える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の徳元の言及

【塵塚誹諧集】より

…俳諧集。斎藤徳元(とくげん)著。1633年(寛永10)成立。…

【誹諧初学抄】より

…俳諧論書。斎藤徳元著。1641年(寛永18)1月成立・刊。…

【尤草紙】より

…目録題は《尤之双紙》。斎藤徳元(とくげん)の匿名作で八条宮智忠親王の加筆になる。1632年(寛永9)6月,京都恩阿斎刊。…

※「徳元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徳元の関連キーワードトニュクク(暾欲谷)狩野素川(1)キョル・テギンビルゲ・ハガン昌雲軒清春赤尾の道宗今宮の心中傾城禁短気飛鳥井雅世誹諧初学抄猪苗代兼載庭田長賢三統元夏久原躬弦松平頼純行徳拙軒高島玄札石田未得天岸慧広末吉道節

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳元の関連情報