コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳元 とくげん

3件 の用語解説(徳元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とくげん【徳元】

1559‐1647(永禄2‐正保4)
江戸前期の俳人。姓は斎藤,名は元信,通称は斎宮頭,入道して徳元。別号は帆亭。織田秀信の代官正印軒元忠の子。岐阜の人。里村昌琢門。文禄年間(1592‐96)豊臣秀次に仕官,このころに《近衛三藐院(さんみやくいん)点独吟魚鳥俳諧》が成る。のち秀信に仕え,1600年(慶長5)42歳の秋,関ヶ原敗戦によって美濃加治田村へ退き,若狭に亡命,京極忠高に小姓衆として仕官する。《塵塚誹諧集》冒頭には,〈雪や先とけてみづのえねの今年〉(1612)の歳旦句が見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とくげん【徳元】

斎藤さいとう徳元

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の徳元の言及

【塵塚誹諧集】より

…俳諧集。斎藤徳元(とくげん)著。1633年(寛永10)成立。…

【誹諧初学抄】より

…俳諧論書。斎藤徳元著。1641年(寛永18)1月成立・刊。…

【尤草紙】より

…目録題は《尤之双紙》。斎藤徳元(とくげん)の匿名作で八条宮智忠親王の加筆になる。1632年(寛永9)6月,京都恩阿斎刊。…

※「徳元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳元の関連情報