コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増感紙 ぞうかんしintensifying screen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増感紙
ぞうかんし
intensifying screen

X線写真を効率よく撮影し,被曝線量を減らすためにX線フィルムとともに用いる特殊な感光材料。X線の直接の写真作用は非常に弱いので,その感光効率を高めてある。通常はタングステン酸カルシウム粒子をプラスチックまたは厚紙に塗布したもので,フィルムの前面と後面に置いてカセット中に密封する。これにX線が当るとケイ光を発し,感光効率を高める働きをする。増感率は 20~50倍で,その使用によってコントラストはよくなるが,鮮鋭度は低下する。発光効率が高い希土類増感紙も開発された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報