コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感光材料 かんこうざいりょう sensitive material

6件 の用語解説(感光材料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感光材料
かんこうざいりょう
sensitive material

広義には写真フィルム,乾板,印画紙や青写真陽画感光紙,製版用湿板など感光性をもった諸種の製品をさし,狭義にはハロゲン化銀ゼラチンの写真乳剤を用いた写真フィルム,乾板,印画紙をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんこう‐ざいりょう〔カンクワウザイレウ〕【感光材料】

写真フィルム・印画紙など、感光性をもつ材料。ふつう感光乳剤を塗ってある。感材。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

感光材料【かんこうざいりょう】

感材とも。支持体(ベース)に写真乳剤を塗布したものの総称。フィルム乾板印画紙などがある。
→関連項目感光感光度感度ガンマ(写真)ソラリゼーション引伸し

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんこうざいりょう【感光材料 photographic sensitive material】

写真フィルム乾板印画紙など写真撮影や写真の焼付けに用いる感光性材料をいう。広義には,写真を応用した複写,写真製版X線写真などに使う感光性または放射線感光性の材料を含めて感光材料という。一般の写真撮影に使う写真フィルムは,臭化銀のようなハロゲン化銀をゼラチン中に分散した写真乳剤をフィルムベースに塗布し,乾燥したもので,黒白写真の場合は可視光全域に感光するパンクロのネガ用フィルムが広く使われる。カラー写真の場合は,カラープリント作成を目的とするカラーネガフィルムとスライド透明陽画を作るカラー反転フィルムが使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんこうざいりょう【感光材料】

フィルム・乾板・印画紙など、写真乳剤を塗布した製品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

感光材料
かんこうざいりょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感光材料の関連キーワード銀塩写真フィルム露光二重露出レリーフ写真多重露光ラッセル効果(写真)ガラス乾板気泡写真フィルム写真フィルム工業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

感光材料の関連情報