コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨流し染(め) スミナガシゾメ

デジタル大辞泉の解説

すみながし‐ぞめ【墨流し染(め)】

水面に墨汁または顔料を落とし、その波紋の模様を紙や布に写しとる染め方。また、その製品。古くから料紙に用いられ、江戸時代には布帛(ふはく)にも応用されるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

墨流し染(め)の関連キーワード墨流し糊染

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android