コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨流し染(め) スミナガシゾメ

デジタル大辞泉の解説

すみながし‐ぞめ【墨流し染(め)】

水面に墨汁または顔料を落とし、その波紋の模様を紙や布に写しとる染め方。また、その製品。古くから料紙に用いられ、江戸時代には布帛(ふはく)にも応用されるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

墨流し染(め)の関連キーワード墨流し糊染

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android