壁体内通気工法(読み)カベタイナイツウキコウホウ

リフォーム用語集の解説

壁体内通気工法

建物の耐久性の低下につながる内部結露や木部の腐朽などを防ぐために、壁内部に通気層を設け、外壁下部より外気を取り入れ、壁内部の湿気や熱気を小屋裏などを通して外部へ排出する工夫がほどこされた工法。→内部結露、通気層

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android