小屋裏(読み)コヤウラ

リフォーム用語集の解説

小屋裏

屋根と天井との間にできる空間のこと。天井板と野地板の間にできた空間で、通常は天井板によってふさがれているが、ロフト収納として利用されることもある。小屋裏の換気が十分でないと湿気熱気がたまり、木造住宅の場合は構造部材が腐蝕することなどがあり、耐久性に影響を及ぼす恐れがある。また屋根部分の断熱が不十分な場合、夏は小屋裏や下にあたる空間の室温が上昇し冷房効率が低下することもある。ロフトとして利用する場合は注意が必要である。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android