声色を遣う(読み)コワイロヲツカウ

  • こわいろ
  • を 遣(つか)う
  • 声色
  • 声色(こわいろ)を遣・う

精選版 日本国語大辞典の解説

人の声色をまねる。役者などのせりふや声の調子をまねる。
※滑稽本・風来六部集(1780)天狗髑髏鑒定縁起「我が飯を喰ふて人の声色(コハイロ)を遣ふも、皆人々の物好にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android