売上高当期利益率(読み)うりあげだかとうきりえきりつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

売上高当期利益率

当期の売上のうち何パーセントが利益になったのかを示す財務指標のこと。具体的には、損益計算書中の当期純利益売上高で割り、100をかけた数字。次の決算期利幅の設定や、利益率目標を設定する指針となる。また、同業種の企業間のコスト管理ブランド力の高さなどを比較する指標となることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

売上高当期利益率

当期利益/売上高×100(%)。 つまり、売上高に対して当期利益が何%かを示す。会社の最終的な利益率の指標で、高いほどよい。税金を支払ったのちの最終的な利益が売上高に対してどのくらい残ったかを表すが、営業外収支や特別損益を含んだ指標となっている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android