当期(読み)とうき

精選版 日本国語大辞典「当期」の解説

とう‐き タウ‥【当期】

〘名〙
① ある事柄に該する間。
※颶風新話(航海夜話)(1857)凡例「当期と称するものは、千八百一年より千九百年までを称す」
② 現在、当面している期間。この期間。
※民法(明治二九年)(1896)三一五条「賃貸人の先取特権は前期、当期及び次期の借賃其他の債務」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「当期」の解説

とう‐き〔タウ‐〕【当期】

いま当面している時期。この期間。「当期のカリキュラム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「当期」の解説

【当期】とうき

この期。

字通「当」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android