指針(読み)ししん

精選版 日本国語大辞典「指針」の解説

し‐しん【指針】

〘名〙
① 時計、磁石盤、計器類につけられた、目盛りを指示する針。
※颶風新話(航海夜話)(1857)初「北半球では時計の指針とあちこちで、右から左へまはり」
② (比喩的に) 物事をそれによってすすめるべき方針、手引。
※文明東漸史(1884)〈藤田茂吉〉内篇「太閤記を参考し、信長の為めに其計画せし所を推せば、其指針の趣向瞭然たり」
③ 指先。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉三一「胼胝霜ヤケに脹、指針(シシン)の働らきを失ふて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「指針」の解説

し‐しん【指針】

磁石盤・時計・各種メーターなどの指示装置についている針。
物事を進めるうえでたよりとなるもの。参考となる基本的な方針。手引き。「人生の指針とする」
[類語]建前主義方針信条路線イデオロギーモットー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「指針」の解説

【指針】ししん

磁針

字通「指」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android