指針(読み)シシン

デジタル大辞泉の解説

し‐しん【指針】

磁石盤・時計・各種メーターなどの指示装置についている針。
物事を進めるうえでたよりとなるもの。参考となる基本的な方針。手引き。「人生の指針とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししん【指針】

時計・計器類などの針。
取るべき態度や進むべき方向を示す方針。 「 -を与える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐しん【指針】

〘名〙
① 時計、磁石盤、計器類につけられた、目盛りを指示する針。
※颶風新話(航海夜話)(1857)初「北半球では時計の指針とあちこちで、右から左へまはり」
② (比喩的に) 物事をそれによってすすめるべき方針、手引。
※文明東漸史(1884)〈藤田茂吉〉内篇「太閤記を参考し、信長の為めに其計画せし所を推せば、其指針の趣向瞭然たり」
③ 指先。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉三一「胼胝霜ヤケに脹、指針(シシン)の働らきを失ふて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指針の関連情報