コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売(り)崩し ウリクズシ

デジタル大辞泉の解説

うり‐くずし〔‐くづし〕【売(り)崩し】

大量の売り物を出し、相場を下落させること。
特に、金融商品取引で、特定の銘柄について、現在の価格よりも安値で大量の売り注文を出すことにより、価格が下落しているように見せかけること。金融商品取引法で禁止されている相場操縦行為とみなされるおそれがある。→買い上がり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone