コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売買処理法 ばいばいしょりほう

会計用語キーワード辞典の解説

売買処理法

会社分割の際、分割した事業資産及び負債を、売買したものとして処理するといった、会社分割における会計処理の考え方のひとつです。「簿価引継法」に対比する考え方で、事業に対する支配権が移転したと認められるため、簿価を引き継ぐことができない場合の処理方法です。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

M&A用語集の解説

売買処理法

会社分割における会計処理の考え方のひとつ。会社分割の際、分割した事業の資産及び負債を、売買したものとして処理する考え方。「簿価引継法」に対比する考え方で、事業に対する支配権が移転したと認められるため、簿価を引き継ぐことができない場合の処理方法。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android