コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変域 へんいきdomain of variability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変域
へんいき
domain of variability

変数のとる範囲のこと,特に関数 yf(x) が与えられた場合,その独立変数 x のとりうる値の範囲を x の変域という。独立変数 x の変域のことを,この関数の定義域ともいう。たとえば関数 において,もし y の実数値のみを考えることにすれば,この場合の x の変域は -1≦x≦1 である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へん‐いき〔‐ヰキ〕【変域】

変数が取り得る値の範囲。関数で定義されている範囲。定義域

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんいき【変域】

関数で、変数のとり得る値の範囲。定義域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

変域の関連キーワードリーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann)ウィラード・O. クワインポリシー・ミックス経験分布関数エアポケット逆三角関数横断面分析絶対不等式クワイン独立変数近似式母関数補間法最小値補外法最大値変数

変域の関連情報