コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変成分化作用 へんせいぶんかさようmetamorphic differentiation

岩石学辞典の解説

変成分化作用

均質な岩石変成作用の過程で,元来一様であった岩石が,外部との物質の出入りがなくても内部で各成分が移動して,部分的に化学組成の異なる不均質な岩石になる作用で,対照的な鉱物組合せをもつ縞模様に分離することなどである.対照的な鉱物の縞は,成分の固体拡散または局部的な交代作用によって形成される.この語はスティルウェルによって提唱された作用で[Stillwell : 1911-1914, 1918],後になってエスコラが再び定義した[Eskola : 1932].スティルウェルは変成作用の過程に拡散現象を考え,変成拡散作用(metamorphic diffusion)を最初に導入した[Stillwell : 1918].この作用の過程で,斑状変晶が発達する作用(concretion principle),不安定な鉱物の溶解作用(solution principle),最も安定な組成が濃集する作用が考えられた[Tomkeieff : 1983].変成分化作用は各成分の化学ポテンシャルの差による偏析作用または分離作用と考えられ,熔融体の存在は必要がなく,系が閉じていても差し支えない過程である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

変成分化作用の関連キーワード最大安定組成の濃集の原理コンクリーション原理エスボアイト化作用層々迸入片麻岩ペグマタイト変成偏析作用変成分離作用メシティス注入片麻岩点紋粘板岩溶解原理緑簾岩硬片岩片岩

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android