コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏の曲 ナツノキョク

デジタル大辞泉の解説

なつのきょく【夏の曲】

箏曲(そうきょく)。嘉永安政(1848~1860)ごろ、2世吉沢検校が作曲した古今組の一。古今集の夏の部から4首を選んで歌詞としたもの。明治中期に松坂春栄が手事(てごと)を作曲、挿入した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なつのきょく【夏の曲】

箏曲そうきよくの一。生田いくた流古今組の一。明治初年、吉沢検校けんぎようが作曲。古今集の夏の和歌四首を歌詞としたもの。のち松坂春栄が手事を加えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夏の曲の関連キーワード吉沢検校(2代)松阪 春栄食後の唄古今調子松阪春栄箏曲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏の曲の関連情報