コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手事 てごと

6件 の用語解説(手事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手事
てごと

日本音楽の用語。地歌箏曲の楽曲部分様式の名称。地歌箏曲の器楽間奏部につけられた名称であるが,歌と歌とをつなぐための短い間奏は単に「合の手」または「合」といい,手事は特にその器楽的演奏を聞かせることを目的とした部分をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

て‐ごと【手事】

地歌箏曲(そうきょく)で、歌の間に挿入される器楽の長い間奏部分。
遊女などの手練手管(てれんてくだ)。
「―もつきじ床の梅」〈伎・助六

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

手事【てごと】

合の手(あいのて)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てごと【手事】

日本音楽の用語。の派生語で,手練(てれん)手管(てくだ)などと同義の一般語彙(ごい)でもあるが,音楽用語としては,とくに地歌・箏曲で限定された意味で用いられる。本来は,手ないし本手が,地歌の規範的楽曲である三味線組歌ないしこれに準ずるもの(長歌など)をいうことから,その総称として手事といったもので,まだ地歌という言葉が成立していなかった以前において,盲人音楽家が扱う三味線音楽そのものを指していった場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てごと【手事】

地歌・箏曲そうきよくの曲の構成部分名称。前歌まえうたと後歌あとうたの間に挿入された長い間奏。多くはその器楽的展開が曲の眼目となる。
計略。技巧。手練手管てれんてくだ。 「それ者の果ぢや故、-とやらがあらうわいの/歌舞伎・小袖曽我」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手事
てごと

日本音楽用語。一般用語では「手管(てくだ)」「手練(てれん)」などと同義で、「手毎」とも書かれたが、音楽用語として現在では地歌・箏曲(そうきょく)の楽曲中、歌の途中に挟まれる器楽的なまとまりのある長い間奏部分をさす。手事部分に比重を置く曲を「手事物」といい、「手のもの」「手もの」などと称する場合もある。
 江戸時代には「手琴」「曲節」などとも書かれ、「手」そのものを意味したり、三味線組歌や長歌(ながうた)などの三絃(さんげん)曲の古典的な曲種の総称であったが、しだいに『砧(きぬた)』『すががき』などの純器楽曲をさすようになり、長唄・端唄(はうた)などのうちその間奏部分の独立性・器楽性の高い楽曲をも含める語となった。もっとも単純な手事物の構成は、前歌―手事―後歌で、初期には段構成をとる手事もあり、さらにはその前後にマクラ(導入部)やチラシ(終結部)をもつ手事もできた。寛政(かんせい)(1789~1801)ごろから大坂で「手事物」という分類がなされ、『残月』『越後獅子(えちごじし)』のような三絃の手事物の名曲もつくられた。三絃と箏の合奏が高度に発達するとともに、手事が2回以上現れる複雑なものも生まれたが、この傾向はとくに化政(かせい)(1804~30)以降の京都で顕著になり、「京風手事物」「京流手事物」と称され、『八重衣(やえごろも)』『四季の眺(ながめ)』などの名曲が生まれた。[谷垣内和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手事の関連キーワード派生語壱越手練双調手練手管日本音楽盤渉平調太食調コトバ(詞)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手事の関連情報