コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今組 こきんぐみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今組
こきんぐみ

箏曲の曲種名。尾張の吉沢検校の作曲した新様式の箏曲で,古今調子という調弦による作曲。『千鳥の曲』『春の曲』『夏の曲』『秋の曲』『冬の曲』の5曲。『千鳥の曲』の後歌を除いて,すべて『古今和歌集』の和歌を歌詞とし,また『千鳥の曲』を除いていわゆる手事 (比較的まとまった長い器楽的間奏) のない組歌風の形式によるもので,三弦と合奏されることはない。ただし,のち明治中期に京都の松阪春栄が,『春の曲』以下4曲に手事および替手を補作し,現在ではその手事入りのものが演奏されることが多い。また,吉沢がその後に作った『山桜』『唐衣』『初瀬川』『新雪月花』と小松景和作曲の『夕の曲』の5曲を「古今新組」または「新古今組」「古今新曲」などという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こきんぐみ【古今組】

安政(1854~1860)の頃に名古屋の吉沢検校けんぎようが作曲した「千鳥の曲」「春の曲」など五曲の箏曲の総称。古今集の歌を歌詞とし、古今調子という独特の調弦を用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古今組の言及

【千鳥の曲】より

…箏曲の曲名。吉沢検校審一(しんのいち)作曲の古今組5曲の一つ。歌詞は,前歌に《古今集》賀の部の読人しらずの歌を,後歌に《金葉集》冬の部の源兼昌の歌を用いる。…

【吉沢検校】より

…雅楽や国学,和歌,漢学にも通じ,光崎検校に私淑し,和歌を歌詞とした新形式の箏組歌を作曲。《千鳥の曲》の後歌を除いて,《古今和歌集》から採っているので,古今組(《春の曲》《夏の曲》《秋の曲》《冬の曲》《千鳥の曲》),古今新組(《山桜》《唐衣》《初瀬川》《新雪月花》)と呼ばれている。この古今組の作曲にあたって考案した調弦は,古今調子と称し,雅楽の盤渉調(ばんしきちよう)をヒントにした雅俗折衷の調弦である。…

※「古今組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古今組の関連キーワード吉沢検校(2代)松阪 春栄光崎検校天保組安政

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android