夏型過敏性肺臓炎(読み)なつがたかびんせいはいぞうえん(英語表記)summer-type hypersensitivity pneumonitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏型過敏性肺臓炎
なつがたかびんせいはいぞうえん
summer-type hypersensitivity pneumonitis

西日本を中心に夏季に多発するアレルギー性の肺臓炎。発熱,咳,呼吸困難などの症状が夕方から夜にかけて現れ,朝になると消失するというパターンを繰返すのが特徴である。胸部X線からは特有の異常像が観察されるが,花粉症や喘息と異なり,鼻水,喘鳴などは伴わない。原因としては有機塵埃の反復吸入と考えられており,なかでもかびの一種トリコスポロン・クタネウムが有力と見られている。このかびは日常,風通しの悪いところに生息する。家屋内でかびに触れる機会が多い女性がかかりやすく,治療にはかびの除去のほか,副腎皮質ホルモンの投与などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android