コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外岩漿成 がいがんしょうせい apomagmatic

1件 の用語解説(外岩漿成の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

外岩漿成

(1) マグマ起源の鉱物鉱床であるが母マグマとの明らかな関係を示さず,周囲の遠いところに発達し,うすい関係が認められる場合に用いる語.この場合にテレマグマ鉱床のように末梢部分の関係ではない[Grubenmann & Niggli : 1924, Niggli : 1954].(2) ガラス質火成岩再結晶作用に用いる語[Loewinson-Lessing : 1923].(3) 同化作用あるいは分化作用を通して(protectic)なマグマに由来する岩石に用いる語[Loewinson-Lessing : 1939].ギリシャ語のapoは英語のoffに相当する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外岩漿成の関連キーワード火成鉱床正マグマ鉱床脈石深熱水鉱床テレマグマ鉱床マグマテイック・ペリモルフォーステレマグマ的内岩漿成残留マグマラムプリタイト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone