コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外岩漿成 がいがんしょうせいapomagmatic

1件 の用語解説(外岩漿成の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

外岩漿成

(1) マグマ起源の鉱物鉱床であるが母マグマとの明らかな関係を示さず,周囲の遠いところに発達し,うすい関係が認められる場合に用いる語.この場合にテレマグマ鉱床のように末梢部分の関係ではない[Grubenmann & Niggli : 1924, Niggli : 1954].(2) ガラス質火成岩再結晶作用に用いる語[Loewinson-Lessing : 1923].(3) 同化作用あるいは分化作用を通して(protectic)なマグマに由来する岩石に用いる語[Loewinson-Lessing : 1939].ギリシャ語のapoは英語のoffに相当する.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone