コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外点 がいてんexterior point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外点
がいてん
exterior point

位相空間 S の部分集合 A の外点とは,A に属さない点 p で,A と共通点をもたないような近傍が存在するものをいう。すなわち,pA の外点であるとは,pA の補集合の内点となっているということである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の外点の言及

【閉集合】より

Xを距離空間,AXの部分集合とし,xXの点とする。このとき,xの十分近くの点がすべてAに含まれるならば,xAの内点といい,xの十分近くの点は一つもAに含まれないならば,xAの外点という。内点でも外点でもない点xAの境界点という(図)。…

※「外点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone