外点(読み)がいてん(英語表記)exterior point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外点
がいてん
exterior point

位相空間 S の部分集合 A の外点とは,A に属さない点 p で,A と共通点をもたないような近傍が存在するものをいう。すなわち,pA の外点であるとは,pA の補集合の内点となっているということである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の外点の言及

【閉集合】より

Xを距離空間,AXの部分集合とし,xXの点とする。このとき,xの十分近くの点がすべてAに含まれるならば,xAの内点といい,xの十分近くの点は一つもAに含まれないならば,xAの外点という。内点でも外点でもない点xAの境界点という(図)。…

※「外点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外点の関連情報