外需関連株(読み)がいじゅかんれんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

外需関連株

海外事業の収益が大きい業種、その株式のことを指す。内需拡大にウェイトを置く「内需関連株」の反対語。内需関連株の場合、主たる事業基盤が国内にある企業で「建設」や「不動産」、最近では「通信」などもこれにあてはまるが、こうした企業以外の業種の株式を外需関連株という。具体的には、輸出比率が高い企業や海外生産比率の高い企業が該当する。ハイテクや自動車メーカーがこれにあたるが、ソニーや松下電器産業トヨタ自動車などは外需関連株と呼称されるよりも、「国際優良株」と称される場合が多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がいじゅかんれん‐かぶ〔グワイジユクワンレン‐〕【外需関連株】

国内での需要の増減や為替変動が収益に大きく影響する業種の株式。輸出関連株。「信用収縮不安や円高によって外需関連株が下落する」→内需関連株

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android