増減(読み)ぞうげん

精選版 日本国語大辞典「増減」の解説

ぞう‐げん【増減】

〘名〙 (「そうげん」とも) ふやすこととへらすこと。また、ふえることとへること。
※続日本紀‐養老七年(723)五月己卯「神戸当籍張、无増減、依本為定」
※日蓮遺文‐新尼御前御返事(1275)「大海の潮の時にて増減し」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「性分によって多少の増減はあるが」 〔新唐書‐食貨志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「増減」の解説

【増減】ぞうげん

増損。〔後漢書、劉隆伝〕の時、天下の墾田多く實を以てせず、口の年紀、互いにり。(建武)十五年、州郡下して其の事を檢覈(けんかく)せしむ。刺太守、多く均ならず。

字通「増」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android