増減(読み)ぞうげん

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう‐げん【増減】

〘名〙 (「そうげん」とも) ふやすこととへらすこと。また、ふえることとへること。
※続日本紀‐養老七年(723)五月己卯「神戸当籍張、无増減、依本為定」
※日蓮遺文‐新尼御前御返事(1275)「大海の潮の時に随て増減し」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「性分によって多少の増減はあるが」 〔新唐書‐食貨志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐げん【増減】

[名](スル)数量がふえたりへったりすること。また、ふやしたりへらしたりすること。「定期的に水かさが増減する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android