コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内需関連株 ないじゅかんれんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

内需関連株

内需に業績拡大のウエイトをおく業種の株式のこと。主たる事業基盤が国内にある企業で、代表的なセクターとしては、建設、不動産百貨店、倉庫、電鉄、電力などで、最近では通信などもこれにあてはまる。国内景気の回復や円高などを材料に買われることが多い。反対に、海外景気の好調や円安で利益の上がる銘柄のことを「輸出関連株」という。これまでの伝統的な景気対策公共事業型であったこともあり、「内需関連株」は景気回復策との関連が深い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ないじゅかんれん‐かぶ〔ナイジユクワンレン‐〕【内需関連株】

国内での需要の増減が収益に大きく影響する業種の株式。建築・不動産・通信・小売りなど。「一部投資家に内需関連株をねらう動きが出る」→外需関連株

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

会計用語キーワード辞典の解説

内需関連株

内需拡大にウエイトを置く業種の株式のことです。一般的には国内景気の回復や、円安などが買い材料となることが多い傾向にあります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内需関連株の関連情報