コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内需関連株 ないじゅかんれんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

内需関連株

内需に業績拡大のウエイトをおく業種株式のこと。主たる事業基盤が国内にある企業で、代表的なセクターとしては、建設、不動産百貨店倉庫電鉄、電力などで、最近では通信などもこれにあてはまる。国内景気の回復や円高などを材料に買われることが多い。反対に、海外景気の好調や円安で利益の上がる銘柄のことを「輸出関連株」という。これまでの伝統的な景気対策が公共事業型であったこともあり、「内需関連株」は景気回復策との関連が深い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ないじゅかんれん‐かぶ〔ナイジユクワンレン‐〕【内需関連株】

国内での需要の増減が収益に大きく影響する業種の株式。建築・不動産・通信・小売りなど。「一部投資家に内需関連株をねらう動きが出る」→外需関連株

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android