コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多嘴壺 たしこ duō zuǐ hú

1件 の用語解説(多嘴壺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たしこ【多嘴壺 duō zuǐ hú】

肩に円筒形の孔管(嘴)を装飾した蓋壺。中国宋代越州窯や竜泉窯で作られた青磁が顕著な遺例である。器形には卵形の胴と5段に分かれた五層瓶の胴をなすものとがあり,肩に5本の嘴を飾っている。嘴には面取を施し,胴には蓮弁や唐草文を刻花や印花で表す。北宋初期副葬品として始められたものとみられる。一方,日本の三彩や灰釉にみられる多嘴壺形のものは,別系統で須恵器の子持瓶の系譜を継ぐものとみられている。【河原 正彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多嘴壺の関連キーワード円筒研削盤円筒土器ホブ外径回転篩内径ネオン管藁塚丸缶コールドロン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone