コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多嘴壺 たしこduō zuǐ hú

世界大百科事典 第2版の解説

たしこ【多嘴壺 duō zuǐ hú】

肩に円筒形の孔管(嘴)を装飾した蓋壺。中国宋代越州窯や竜泉窯で作られた青磁が顕著な遺例である。器形には卵形の胴と5段に分かれた五層瓶の胴をなすものとがあり,肩に5本の嘴を飾っている。嘴には面取を施し,胴には蓮弁や唐草文を刻花や印花で表す。北宋初期副葬品として始められたものとみられる。一方,日本の三彩や灰釉にみられる多嘴壺形のものは,別系統で須恵器の子持瓶の系譜を継ぐものとみられている。【河原 正彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多嘴壺の関連情報