コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐草文 からくさもん

5件 の用語解説(唐草文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐草文
からくさもん

植物の茎やつる,これらに花,葉,実などをつけた連続文様の総称。古くはエジプトメソポタミアのすいれんの花とつぼみを交互に弧線で結ぶ文様であった。その後,ギリシアローマに唐草文が伝わって発達し,それがヘレニズムの影響でインド中央アジア,中国に伝えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

唐草文【からくさもん】

からみ合う植物の蔓(つる)を図案化した模様。アラビアアラベスク模様から変化したといわれ,織物や仏教の装飾として日本にもたらされた。植物の種類により忍冬(にんどう),宝相華(ほうそうげ),菊,牡丹(ぼたん)などの唐草があり,建築,家具,衣服などの模様として用いられる。
→関連項目宋元鏡パルメット有職文様

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

からくさもん【唐草文】

植物の花や葉の形を蔓(つる)状のリズミカルな曲線でつないだ文様の総称。〈唐草〉の語はすでに平安時代の文献にみえ,〈中国伝来の蔓草文様〉という意味でこの名が使われたのだろう。この文様は中国にかぎらず古代から広く世界各地で好んで用いられた。その形式は地域・時代によって多くの変化をみせている。それらを大きく分けると波状唐草,並列唐草,輪つなぎ唐草の3種になる。波状唐草は波形のリズムをもつ主軸の山と谷とにさまざまなモティーフを配した形で,唐草文様の主流をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

からくさもん【唐草文】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐草文
からくさもん

蔓草(つるくさ)文を総称して唐草文という。中国伝来の蔓草という意味で名づけられたものであろうが、からみ草の略とする説もある(『貞丈雑記』巻8、調度之部)。『うつほ物語』に「唐草、鳥など彫り透(すか)して……」という文章があるから、平安時代にはすでにこの名称が使われていたと考えられる。
 唐草文の起源は非常に古く、その分布状態は驚くほど広範囲に及んでいる。古代エジプトのロータス・ロゼット、メソポタミアのパルメットなどを弧線や渦巻線でつないだもっとも古い唐草、ついでそれらを集大成し、リズミカルな形式に展開していったギリシアの唐草、やがてこれにアカンサスの要素が融合し、ローマへと受け継がれていった。こうした西方系の唐草はシルク・ロードを経て六朝(りくちょう)時代に中国へ伝播(でんぱ)する。そして中国では、北斉(ほくせい)から隋(ずい)・唐にかけてこの唐草に花文やブドウ、ザクロなどがついて多彩に展開する。さらに日本には、朝鮮半島を経て、古墳時代の末期には伝播していたと考えられ、その後、主として仏教美術の装飾文様として広く愛用された。
 唐草文様を植物の種類によって分類すると次のようになる。
(1)忍冬(にんどう)唐草 古墳時代後期から飛鳥(あすか)時代にかけて大陸から入ってきた文様。扇状に広がった唐草の葉が忍冬に似ているところからこの名がある。法隆寺献納御物の金銅灌頂幡縁飾(かんじょうばんふちかざり)(7世紀)の忍冬唐草が有名。
(2)宝相華(ほうそうげ)唐草 中国においては唐・宋(そう)代に、日本では奈良時代に流行した。
(3)葡萄(ぶどう)唐草 ブドウの実や葉、蔓(つる)を唐草のモチーフに取り入れた文様。紀元前9世紀のアッシリアの文様がもっとも古く、前4世紀ごろギリシアに伝わり、ヨーロッパではローマ時代以後、キリスト受難の象徴として、多くの聖堂の内部装飾や石棺の装飾に用いられた。中国には後漢(ごかん)末から六朝時代に伝えられ、やがて日本でも飛鳥・奈良時代に流行した。法隆寺金堂天蓋(てんがい)(7世紀後半)、薬師寺(やくしじ)本尊の台座(8世紀)などが有名。
(4)蓮(はす)唐草 ハスの花、葉、蕾(つぼみ)、実などを唐草形式にまとめた文様。仏教美術とともに、西域(せいいき)、中国を経て飛鳥時代に渡来し、おもに仏像の光背や、華鬘(けまん)、華籠(けこ)、経箱、経巻の見返しなど、仏具類の装飾に用いられた。
(5)牡丹(ぼたん)唐草 日本では鎌倉時代ごろにこの文様が多くみられる。中国においては蓮唐草と同じく世俗的な織物や陶磁器の装飾などにも使われている。
 そのほかにもいろいろな唐草があるが、いずれにしても、唐草の生命ともいうべき抽象的なリズムは、日本人の感覚にとって異質なものであったためか、平安時代を過ぎると仏具装飾以外にはあまり好まれなくなっていった。日本の唐草は、花文中心のものか、今日風呂敷(ふろしき)にみるような動きのない曲線文様のものかのいずれかである。村元雄]
『アロイス・リーグル著、長広敏雄訳『美術様式論』(1970・岩崎美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唐草文の言及

【パルメット】より

…2本に分かれた渦巻の分岐点を中心に扇形にひらいた形をいう。これは古代エジプトのロータス系の文様が起源だとされ,各地域・時代でさまざまに展開した唐草文様の重要なモティーフになっている。パルメット文はかつて忍冬(にんどう)文と呼ばれたこともあったが,現在では必ずしも忍冬(スイカズラ)の模倣によって生じたのではなく,空想的な植物文様とみる方が有力となっている。…

【ブドウ(葡萄)】より

…またローマ時代の廟堂(びようどう)のモザイクに葡萄樹がしばしば描かれるが,このような葡萄樹は宗教的な色彩をもち〈楽園〉を表しているとされる。またブドウは唐草文様のモティーフに好んで使われている。つるが唐草の主軸となり,左右に房と葉とを配した形が葡萄唐草の基本で,地域や時代によってさまざまな変化をみせる。…

【文様】より

…文様としては,晋の《鄴中記(ぎようちゆうき)》に〈蒲桃文錦(ぶどうもんきん)〉や〈斑文錦(はんもんきん)〉が記され,《唐会要(とうかいよう)》には〈異文袍(いもんほう)〉の巻があり,袍(上衣)の異国文様として〈獅子文〉〈虎文〉などが羅列されている。日本でも,正倉院の《東大寺献物帳》に,〈唐刀子(からのとうす)は蒲陶文裁(ぶどうもんさい)〉とあって,このナイフには唐朝伝来の葡萄唐草文を透彫(すかしぼり)した金具が飾られていたことがわかる。ただ,これらの文様が当時観賞的な装飾意匠としてのみ考えられていたかどうかは問題である。…

※「唐草文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唐草文の関連キーワード菊細工サーカディアンリズム乗り乗りリズミカル摺り染截頭リズミック有馬徳純池田徳澄

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐草文の関連情報