多寡(読み)たか

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐か ‥クヮ【多寡】

〘名〙
① 多いことと、少ないこと。多少。
※四河入海(17C前)八「大小多寡皆同と云事を悟たらば」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉六「一国の貧富は天然に生ずる物産の多寡に関係すること思の外に少なく」 〔孟子‐滕文公・上〕
② ⇒たか(高)(一)②(ロ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

た‐か〔‐クワ〕【多寡】

多いことと少ないこと。多いか少ないかの、その量・額。多少。「人員の多寡は問わない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android