コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 コウ

8件 の用語解説(高の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう【高】[漢字項目]

[音]コウ(カウ)(呉)(漢) [訓]たかい たか たかまる たかめる
学習漢字]2年
〈コウ〉
位置がたかい。たかさ。「高層高低座高標高
等級・程度・価値などがたかい。「高圧高価高級高速高度高等
年かさが大きい。時を経ている。「高祖高年高齢
けだかい。すぐれている。「高潔高尚高邁(こうまい)孤高崇高
えらそうにする。「高慢高姿勢
(「昂(こう)」の代用字)高く上がる。感情がたかぶる。「高進高騰高揚
相手への敬意を表す語。「高見高評高覧
「高等」「高等学校」の略。「高校高裁/一高・特高
〈たか(だか)〉「高台高値権高声高(こわだか)石高(こくだか)残高割高
[名のり]あきら・うえ・かぎり・すけ・たけ・ほど
[難読]高加索(コーカサス)高粱(コーリャン)高麗(こま)高嶺(たかね)

たか【高】

《他の語の下に付いて複合語をつくるときは、一般に「だか」となる》
数量・金額などを合計したもの。収穫量や知行(ちぎょう)の額、また金銭の総額など。「生産」「石(こく)」「現在
「持ち出した資本の―迄話した」〈漱石
基準となる額に比べて高値であること。「五円の相場」
程度の高いこと。また、限度・限界。
㋐物事のゆきつくところ。つまるところ。
「死ぬるを―の死出の山」〈浄・曽根崎
㋑せいぜいのところ。→高(たか)が
「二、三年は稽古だの何だのと何にもならねえ。十両が―だ」〈洒・通神蔵〉
物事の要点や、あらまし。大略。
「―をさへのみこめば、その上は時の才覚」〈浄・娥歌かるた〉
名詞・動詞の上に付いて複合語をつくる。
㋐形や位置が高い意を表す。「殿」「照らす」
㋑音声が大きい意を表す。「笑い」「話」「鳴る」
㋒りっぱだという意のほめことばとして用いる。「知る」「敷く」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高【たか】

石高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たか【高】

一般には物の総数量を表すことばで,収穫高,生産高,知行高などとも使われるが,日本史の用語としては土地丈量の単位としての貫高永高,石高などが有名で,江戸時代には〈高〉といえば普通は一定の土地の大きさを米の収穫見積量に換算して表す石高のことを意味していた。鎌倉時代以来の貫高,室町後期以来の永高の名称は,太閤検地以降石高制が施行されるに及んですたれた。中世で租米量を表した〈分米(ぶんまい)〉という語が,近世になると法定収穫量を表すようになったが,この分米のことを高と呼ぶ場合も多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こう【高】

姓氏の一。南北朝時代の武家。代々足利家に仕え、師重は足利尊氏を執事として助けた。師重の子師直・師泰も尊氏を支えたが、尊氏の弟直義と対立し、一族は衰亡。

たか【高】

〔形容詞「高い」の語幹から。連濁して「だか」とも〕
合計した数量。かず。かさ。 「生産-」 「収穫-」
合計した金額。 「売上-」 「残-」
高くなること。値段の上がること。 ↔ 「相場は十円-になった」 「円-」
数量の程度。また、その程度の限界。かぎり。 「 -がこれくらい」 → 高が
土地の生産力の表示単位。その土地の年貢額で示す貫高・永高などがあったが、太閤検地以後、収穫量で示す石高に統一された。
最後の成り行き。結末。 「 -は死ぬると覚悟しや/浄瑠璃・冥途の飛脚
名詞や動詞の上に付いて複合語を作り、高いの意を表す。 「 -下駄」 「 -楊枝」 「 -鳴る」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たか

本来的には、かさ、あるいは数量の意味であるが、それが本来的な意味のまま使用される場合と、江戸時代の石高(こくだか)制のもとで、石高(田畑における米の生産高)の意を含んで、いろいろなことばと合成されて使用される場合とがあった。本来的な意味での高の使用例としては、貫高(かんだか)、永高(えいだか)、石高、小以高(こいだか)(小計の意)などがある。石高の意を含んで使用されている例として、古高(こだか)、村高、高持(たかもち)百姓、無高(むだか)百姓、高請(たかうけ)、高請地、高盛(たかもり)、込高(こみだか)、延高(のべだか)、役高、高掛物(たかがかりもの)、桑高、検見高引(けみだかびき)などがある。[川鍋定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高の関連キーワードエバー盛り上戸済み病み来来しろ・ぐメキシカンレンタ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高の関連情報