多様位置効果(英語表記)varigated position effect

法則の辞典の解説

多様位置効果【varigated position effect】

斑入り型位置効果*,あるいは「位置効果性斑現象」ともいう.遺伝子座の部位における染色体の変化によって,野生型の対立遺伝子の活動が部分的,ときには全体的に抑制されると,突然変位体対立遺伝子に対して異種接合している二倍体生物において,突然変位体表現型が発現する現象をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android