野生型(読み)ヤセイガタ

百科事典マイペディアの解説

野生型【やせいがた】

生物学用語。生物の標準的な表現型。正常型とも。一つの遺伝子座には複数の対立遺伝子があり,それに応じて異なった表現型が生じるが,そのうち,野生の集団に最も普遍的にみられるものを野生型という。あるいはその遺伝子型を指すこともある。栽培,飼育しているものでは,一番基本的と思われる形質を採る。野生型に対する形質を変異型という。キイロショウジョウバエを例にとると赤眼が野生型,白眼やエオシン眼は変異型。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やせいがた【野生型 wild type】

生物の自然集団の中でもっとも高い頻度で見いだされる表現型の系統,個体あるいはその表現型を支配している遺伝子を野生型という。しかし野生型の中にも個体によってかなりの個体差がみられ,それらが一定の平衡を保ってそれぞれの野生集団を構成していると考えられている。キイロショウジョウバエの目の色を例にとると,赤目は野生型であり,白目やエオシン目は野生型の赤目から突然変異によって生じた突然変異型である。野生型は突然変異型に対して優性の場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やせいがた【野生型】

表現型の一。あるいはその表現型をもつ遺伝子。生物のもつ個々の遺伝形質において、突然変異によって新しい変異型が種内に見られるとき、元からあって最も普遍的なものをいう。正常型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android