コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比屋主 たじひの やぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比屋主 たじひの-やぬし

?-? 奈良時代の官吏。
神亀(じんき)元年(724)従五位下。天平感宝(てんぴょうかんぽう)元年左大舎人頭(おおとねりのかみ)となった。「万葉集」に歌2首がある。氏は丹比ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

多治比屋主

生年:生没年不詳
8世紀前半に活躍した官人神亀1(724)年従五位下に叙せられる。天平12(740)年聖武天皇の伊勢行幸に従駕したらしく,『万葉集』巻6に河口行宮での歌が残る。その後,備前守,左大舎人頭,大蔵少輔などを歴任した。

(森公章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

多治比屋主の関連キーワード多治比乙麻呂奈良時代生年官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android