コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天平感宝 テンピョウカンポウ

デジタル大辞泉の解説

てんぴょうかんぽう〔テンピヤウカンポウ〕【天平感宝】

奈良時代、聖武天皇の時の年号。749年4月14日~同年7月2日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんぴょうかんぽう【天平感宝】

年号(749.4.14~749.7.2)。天平の後、天平勝宝の前。聖武天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんびょうかんぽう【天平感宝】

天平感宝(てんぴょうかんぽう)

てんぴょうかんぽう【天平感宝】

日本の元号(年号)。奈良時代の749年、聖武(しょうむ)天皇の代の元号。前元号は天平(てんぴょう)。次元号は天平勝宝(てんぴょうしょうほう)。749年(天平21)4月14日改元。陸奥国から黄金が献上されたことを祥瑞として行われた(祥瑞改元)。日本で初めて使われた4文字の元号。749年(天平感宝1)7月2日に聖武天皇が退位し、皇女の阿倍(あべ)内親王が即位(孝謙(こうけん)天皇)。同日、天平勝宝に改元されたため、天平感宝年間はわずか3ヵ月弱である。このため、文献・史料にこの元号が記述されることはほとんどない。◇「てんびょうかんぽう」とも読む。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

天平感宝の関連キーワード天平感宝日本におけるおもな時代区分大伴牛養行基孝謙天皇橘奈良麻呂生江東人孝謙天皇サッファーフ天平感宝