コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天平感宝 テンピョウカンポウ

4件 の用語解説(天平感宝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんぴょうかんぽう〔テンピヤウカンポウ〕【天平感宝】

奈良時代、聖武天皇の時の年号。749年4月14日~同年7月2日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんぴょうかんぽう【天平感宝】

年号(749.4.14~749.7.2)。天平の後、天平勝宝の前。聖武天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

てんびょうかんぽう【天平感宝】

天平感宝(てんぴょうかんぽう)

てんぴょうかんぽう【天平感宝】

日本の元号(年号)。奈良時代の749年、聖武(しょうむ)天皇の代の元号。前元号は天平(てんぴょう)。次元号は天平勝宝(てんぴょうしょうほう)。749年(天平21)4月14日改元。陸奥国から黄金が献上されたことを祥瑞として行われた(祥瑞改元)。日本で初めて使われた4文字の元号。749年(天平感宝1)7月2日に聖武天皇が退位し、皇女の阿倍(あべ)内親王が即位(孝謙(こうけん)天皇)。同日、天平勝宝に改元されたため、天平感宝年間はわずか3ヵ月弱である。このため、文献・史料にこの元号が記述されることはほとんどない。◇「てんびょうかんぽう」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天平感宝の関連キーワード奈良時代年号慶雲天応天平勝宝宝亀霊亀和銅大宅女久米女郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone