コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天平感宝(読み)テンピョウカンポウ

大辞林 第三版の解説

てんぴょうかんぽう【天平感宝】

年号(749.4.14~749.7.2)。天平の後、天平勝宝の前。聖武天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんびょうかんぽう【天平感宝】

天平感宝(てんぴょうかんぽう)

てんぴょうかんぽう【天平感宝】

日本の元号(年号)。奈良時代の749年、聖武(しょうむ)天皇の代の元号。前元号は天平(てんぴょう)。次元号は天平勝宝(てんぴょうしょうほう)。749年(天平21)4月14日改元。陸奥国から黄金が献上されたことを祥瑞として行われた(祥瑞改元)。日本で初めて使われた4文字の元号。749年(天平感宝1)7月2日に聖武天皇が退位し、皇女の阿倍(あべ)内親王が即位(孝謙(こうけん)天皇)。同日、天平勝宝に改元されたため、天平感宝年間はわずか3ヵ月弱である。このため、文献・史料にこの元号が記述されることはほとんどない。◇「てんびょうかんぽう」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天平感宝の関連情報