コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神亀 ジンキ

8件 の用語解説(神亀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんき【神亀】

奈良時代、聖武天皇の時の年号。724年2月4日~729年8月5日。

しん‐き【神亀】

瑞兆(ずいちょう)の印とされる不思議な亀。じんき。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しんかめ【神亀】

埼玉の日本酒。酒名は、蔵の裏の天神池に棲むという神の使いの亀にちなみ命名。全量純米造りで、生酒やにごり酒、古酒などをラインナップ。原料米は五百万石、山田錦。仕込み水は秩父山系荒川の伏流水。蔵元の「神亀酒造」は嘉永元年(1848)創業。所在地は蓮田市馬込。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

神亀(しんかめ)

埼玉県、神亀酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんき【神亀】

めでたいことの起こる前兆といわれる不思議な亀。霊亀。

じんき【神亀】

年号(724.2.4~729.8.5)。養老の後、天平の前。聖武天皇の代。しんき。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

しんき【神亀】

⇒神亀(じんき)

じんき【神亀】

日本の元号(年号)。奈良時代の724年から729年まで、聖武(しょうむ)天皇の代の元号。前元号は養老(ようろう)。次元号は天平(てんぴょう)。724年(養老8)2月4日改元。白亀出現の瑞祥(ずいしょう)により行われた(祥瑞改元)。724年(神亀1)に蝦夷(えみし)の反乱が起こったことから、藤原不比等(ふひと)の三男の藤原宇合(うまかい)が持節(じせつ)大将軍として陸奥国に派遣された。727年(神亀4)に初の渤海(ぼっかい)使が入京。729年(神亀6)には長屋王(ながやおう)の変が起こり、謀反の疑いをかけられた長屋王と一族が自害した。この事件は、不比等以来、政界の中心となった藤原氏と、舎人(とねり)親王や長屋王ら皇親勢力との確執の中で起こったもので、藤原氏の陰謀ともいわれている。◇「しんき」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神亀の言及

【カメ(亀)】より

…中国,韓国では亀跌(きく)と称して石碑の台に亀の石彫を用いるのがふつうである。中国では亀は神亀,霊亀などと称され,その甲の文様(亀甲紋,亀背紋)は吉祥の意味をもって衣料,家具その他に多用される。古代西アジアの陶器画に描かれる亀は,おそらく水の象徴であろう。…

※「神亀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神亀の関連キーワード永長応保嘉応嘉保久安康治昌泰承暦天応天徳

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神亀の関連情報