神亀(読み)じんき

日本の元号がわかる事典「神亀」の解説

じんき【神亀】

日本の元号年号)。奈良時代の724年から729年まで、聖武(しょうむ)天皇のの元号。前元号は養老(ようろう)。次元号は天平(てんぴょう)。724年(養老8)2月4日改元。白出現の瑞祥(ずいしょう)により行われた(祥瑞改元)。724年(亀1)に蝦夷(えみし)の反乱が起こったことから、藤原不比等(ふひと)の三男藤原宇合(うまかい)が持節(じせつ)大将軍として陸奥国に派遣された。727年(神亀4)に初の渤海(ぼっかい)使が入京。729年(神亀6)には長屋王(ながやおう)の変が起こり、謀反の疑いをかけられた長屋王と一族が自害した。この事件は、不比等以来、政界の中心となった藤原氏と、舎人(とねり)親王や長屋王ら皇親勢力との確執の中で起こったもので、藤原氏の陰謀ともいわれている。◇「しんき」とも読む。

しんき【神亀】

⇒神亀(じんき)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「神亀」の解説

しんかめ【神亀】

埼玉の日本酒。酒名は、の裏の天神池に棲むという神の使いの亀にちなみ命名。全量純米造りで、生酒やにごり酒、古酒などをラインナップ。原料米は五百万石、山田錦。仕込み水は秩父山系荒川の伏流水蔵元の「神亀酒造」は嘉永元年(1848)創業。所在地は蓮田市馬込。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典「神亀」の解説

しん‐き【神亀】

[1] 〘名〙 (古くは「じんき」) めでたいことが起こるしるしといわれる不思議な亀。霊亀
※続日本後紀‐嘉祥元年(848)六月庚子「王者徳沢洽則神亀来、孝道行則地亀出」 〔史記‐司馬相如伝〕

じんき【神亀】

奈良時代、聖武天皇の代の年号。養老八年(七二四)二月四日、白亀が献上された祥瑞により改元。神亀六年(七二九)八月五日、天平(てんぴょう)と改めた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神亀の言及

【カメ(亀)】より

…中国,韓国では亀跌(きく)と称して石碑の台に亀の石彫を用いるのがふつうである。中国では亀は神亀,霊亀などと称され,その甲の文様(亀甲紋,亀背紋)は吉祥の意味をもって衣料,家具その他に多用される。古代西アジアの陶器画に描かれる亀は,おそらく水の象徴であろう。…

※「神亀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android