コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比文子 たじひの あやこ

2件 の用語解説(多治比文子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比文子 たじひの-あやこ

?-? 平安時代中期の巫女(みこ)。
京都右京にすむ。天慶(てんぎょう)5年(942)北野の右近馬場に社殿をかまえて菅原道真の霊をまつるよう神託をうける。はじめ自宅近くに小祠をつくったが,天暦(てんりゃく)元年北野朝日寺の僧最珍らの尽力で神託の地に神殿(現北野天満宮)を造立した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

多治比文子

生年:生没年不詳
平安時代の巫女。奇子,綾子,あや子とも書く。北野天満宮の創祀者。平安京の右京七条二坊十三町の住民。天慶5(942)年に天神(菅原道真の神号)は文子に都の辺の右近馬場のある北野に社殿を構えて祭祀すべきと託宣した。しかし身分の低かった文子にはこれは容易ではなく,とりあえず自分の邸内に仮の叢祠を作り祭祀した。5年後の天暦1(947)年にようやく北野に移建した。同9年には近江(滋賀県)比良の神官良種の7歳の子にも託宣があったのを契機に,朝日寺の僧最珍(鎮)らと共に力を併せて霊祠を造営した。

(勝浦令子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の多治比文子の言及

【北野天満宮】より

…これが太宰府天満宮である。942年(天慶5),右京七条二坊の多治比文子(たじひのあやこ)が神託によって自宅の辺に道真をまつったという(現,下京区天神町,文子天満宮)。947年(天暦1),神良種(みわのよしたね)の子,太郎丸に託宣があり,北野朝日寺の僧最珍の尽力があって,同年,北野の右近衛府の馬場の地に神殿を造立した。…

※「多治比文子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone