コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天慶 テンギョウ

8件 の用語解説(天慶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんぎょう〔テンギヤウ〕【天慶】

《「てんきょう」とも》平安前期、朱雀天皇村上天皇の時の年号。938年5月22日~947年4月22日。てんけい。

てんけい【天慶】

てんぎょう(天慶)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんぎょう【天慶】

年号(938.5.22~947.4.22)。承平の後、天暦の前。朱雀すざく・村上天皇の代。

てんけい【天慶】

天から授かった、たまもの。

てんけい【天慶】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

てんきょう【天慶】

⇒天慶(てんぎょう)

てんぎょう【天慶】

日本の元号(年号)。平安時代の938年から947年まで、朱雀(すざく)天皇、村上(むらかみ)天皇の代の元号。前元号は承平(じょうへい)。次元号は天暦(てんりゃく)。938年(承平8)5月22日改元。厄運・地震の凶事を断ち切るため、朱雀天皇が御慎(おつつしみ)を行ったことによる。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。939年(天慶2)、東国での平将門の勢力はさらに拡大し、将門は常陸(ひたち)国・下野(しもつけ)国・上野(こうずけ)国の国府を占領して新皇を称し、除目(じもく)を開始した。しかし、翌年には平貞盛(さだもり)(平国香(くにか)の子)・藤原秀郷(ひでさと)軍に敗れ、乱は鎮圧された。西日本一帯で起こった藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱も、941年(天慶4)に純友が討たれ、終息する。946年(天慶9)、朱雀天皇は同母弟の村上天皇に譲位した。◇「てんきょう」「てんけい」とも読む。

てんけい【天慶】

⇒天慶(てんぎょう)

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天慶の関連キーワード元号私年号年号逸年号王朝時代元号法承平平安時代文学平安朝和暦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天慶の関連情報