コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天慶 テンギョウ

大辞林 第三版の解説

てんぎょう【天慶】

年号(938.5.22~947.4.22)。承平の後、天暦の前。朱雀すざく・村上天皇の代。

てんけい【天慶】

天から授かった、たまもの。

てんけい【天慶】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんきょう【天慶】

⇒天慶(てんぎょう)

てんぎょう【天慶】

日本の元号(年号)。平安時代の938年から947年まで、朱雀(すざく)天皇、村上(むらかみ)天皇の代の元号。前元号は承平(じょうへい)。次元号は天暦(てんりゃく)。938年(承平8)5月22日改元。厄運・地震の凶事を断ち切るため、朱雀天皇が御慎(おつつしみ)を行ったことによる。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。939年(天慶2)、東国での平将門の勢力はさらに拡大し、将門は常陸(ひたち)国・下野(しもつけ)国・上野(こうずけ)国の国府を占領して新皇を称し、除目(じもく)を開始した。しかし、翌年には平貞盛(さだもり)(平国香(くにか)の子)・藤原秀郷(ひでさと)軍に敗れ、乱は鎮圧された。西日本一帯で起こった藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱も、941年(天慶4)に純友が討たれ、終息する。946年(天慶9)、朱雀天皇は同母弟の村上天皇に譲位した。◇「てんきょう」「てんけい」とも読む。

てんけい【天慶】

⇒天慶(てんぎょう)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

天慶の関連キーワード承平天慶の乱成田山新勝寺藤原純友の乱風と雲と虹と藤原重太丸英子内親王義海(1)平将門の乱藤原忠文たまもの麗子女王馨子女王大蔵春実小野好古悦子女王征東将軍征西将軍承平の乱天慶の乱良岑義方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天慶の関連情報