コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比賀智 たじひの かち

1件 の用語解説(多治比賀智の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比賀智 たじひの-かち

?-? 奈良時代の官吏。
延暦(えんりゃく)5年(786)従五位下,信濃介(しなののすけ)となる。桓武(かんむ)天皇の皇太后高野新笠(たかのの-にいがさ)や皇后藤原乙牟漏(おとむろ)の喪葬のとき,林浦海(うらうみ)らとともに,陵墓造営の役夫(やくぶ)に糧食などを支給する養民司(ようみんし)をつとめた。10年宮内少輔(くないのしょう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

多治比賀智の関連キーワード安曇継成石川美奈伎麻呂伊勢水通大網人主百済玄風巨勢総成佐伯部三国嶋田宮成布勢大海平群清麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone