コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役夫 エキフ

大辞林 第三版の解説

えきふ【役夫】

人に使われて労役に従う者。人夫。人足。
古代、徭役ようえきに従事させられた公民。

やくぶ【役夫】

公役くやくに使役される人夫。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

役夫の関連キーワード奕・役・掖・易・液・疫・益・繹・腋・駅・驛アーネスト ベビン平安時代(年表)三代御起請地家数人馬改帳荘園(日本)斎藤基恒日記レンタル家族石清水八幡宮阿倍嶋麻呂国衙・国府物部朴井鮪斎藤 利雄一国平均役西野 辰吉多治比賀智赤松則村伊勢神宮守護大名内蔵有永

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役夫の関連情報