役夫(読み)エキフ

大辞林 第三版の解説

えきふ【役夫】

人に使われて労役に従う者。人夫。人足。
古代、徭役ようえきに従事させられた公民。

やくぶ【役夫】

公役くやくに使役される人夫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えき‐ふ【役夫】

〘名〙
古代、徭役(ようえき)にかり出された公民。
※続日本紀‐和銅五年(712)一〇月乙丑「諸国役夫及運脚者。還郷之日。粮食乏少。無達」
② 人に使われて労務に従うもの。人足。人夫。
※史記抄(1477)七「徒刑の罪人どもを夫ひゃうにつかわるるぞ。其役夫の奉行を亭の長として、高祖のせらるるぞ」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「千人の役夫を用ひ」 〔列子‐周穆王〕

やく‐ぶ【役夫】

〘名〙 上から割当てられた夫役をつとめる人夫。えきふ。〔頓要集(14C後‐15C前)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役夫の関連情報