コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比邑刀自 たじひの おおとじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比邑刀自 たじひの-おおとじ

?-? 奈良-平安時代前期の女官。
延暦(えんりゃく)8年(789)無位から従五位上となり,10年従四位下にすすむ。14年度者(どしゃ)(官許の得度僧)7人をさずかり,16年長岡京に土地5町をあたえられた。名は大刀自ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone