コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田五郎右衛門 ただ ごろうえもん

1件 の用語解説(多田五郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田五郎右衛門 ただ-ごろうえもん

?-? 江戸時代前期の捕鯨家。
多田吉左衛門の父。土佐高知藩主山内康豊の命で安芸郡(あきぐん)津呂で海防にあたる。部下をやしなうため突き取り法による捕鯨をはじめた。寛永5年(1628)には捕鯨で200人をやしなえるまでになり,土佐捕鯨の元祖とされる。名は義平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の多田五郎右衛門の言及

【土佐国】より

…加工面では宇佐の播磨屋佐之助,中浜の山崎儀右衛門らが鰹節の改良と積出しにつとめ,江戸,上方で土佐節の名声を高めた。捕鯨業は近世初頭,安芸郡津呂(現,室戸市)の多田五郎右衛門が始めた。尾張から尾池四郎右衛門が来国して従事したこともあったが長続きせず,寛文年間(1661‐73)多田吉左衛門が従来の突取法に代わる網取法を紀州より導入,津呂,椎名(現,室戸市)と幡多郡窪津(現,土佐清水市)を漁場に発展した。…

※「多田五郎右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多田五郎右衛門の関連キーワード刃刺県外見江口甚右衛門太田吉勝国包(2代)醍醐新兵衛多田吉左衛門深沢勝清藤崎重左衛門安田吉右衛門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多田五郎右衛門の関連情報