津呂(読み)つろ

日本大百科全書(ニッポニカ)「津呂」の解説

津呂
つろ

高知県南東部、室戸(むろと)の一地区。旧津呂町。室戸岬の北西部にある。『土佐日記』にみえる室津はこの地ともいわれる。津呂湊(みなと)は江戸期初頭に開削された掘込みで、明治以後カツオ、マグロ漁港となり、現在も室戸岬漁港として遠洋マグロ漁業の基地となっている。国道55号が通じる。

[正木久仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の津呂の言及

【室戸[市]】より

…岩礁の多い室戸岬沖は古来航海の難所として知られ,南東沖合には好漁場がある。岬の西側の室津や津呂(現,室戸岬港)は古くからの風待港・避難港で,935年(承平5)国司の任を終えて帰京する紀貫之の船は,日和を待って室津に停泊している(《土佐日記》)。いずれも江戸時代に整備されて,港として発展した。…

※「津呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android