コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多重星 タジュウセイ

デジタル大辞泉の解説

たじゅう‐せい〔タヂユウ‐〕【多重星】

天球上で2個以上の恒星がきわめて接近して見えるもの。多くの場合、肉眼では一つに見える。二重星・三重星などとよぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たじゅうせい【多重星】

天球上、きわめて接近した位置に重なって見える二個以上の星。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の多重星の言及

【重星】より

…天球上で二つ以上の恒星が互いに接近して見える場合をいう。二つの恒星の場合を二重星,3個,4個と数が増えると,三重星,四重星といい,一般的には多重星という。北斗七星の柄の先から2番目の星は2等星の明るさのおおぐま座ζ星(ミザル)であるが,目をこらして見ると光度5等の星(アルコア)が密接(角度で12分)してついている。…

※「多重星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多重星の関連キーワードシュトルーベ(Friedrich Georg Wilhelm von Struve)ミザール位置

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android