コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢の壁 ユメノカベ

デジタル大辞泉の解説

ゆめのかべ【夢の壁】

加藤幸子の小説。終戦前後の北京(ペキン)で幼少期を過ごした日本人少女と、戦争で母親を亡くした中国人少年との心の交流を描く。昭和57年(1982)発表。同年、第88回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

夢の壁の関連キーワード野餓鬼のいた村

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android